Flexible feeder AIVE2.0 and 3.0
Accurate sine wave vibration parts feeder
•Elaborate frequency control suitable for small components
•Various communication support (TCP/IP, Digital I/O)
•Simple control (Frequency, distance, time)
•Back light embedded

AIVE BROCHER

Vibration method

The vibration method is Stroke, frequency, and time.
It is high readability for easy to use that control type and simple for the operator.

 

When it control the robot program need to the simple node.
That is a special AIVE function type with 3 variable is enough for AIVE run.

Example : AIVE run_Stroke###, frequency ###, Time ###

Stroke control makes very smooth vibration. It is helpful different shape and size.
Small parts must be precisely controlled, especially vibration. Because the part may go out due to vibration.

AIVE2.0

Recommended part size: 0.5~30mm
Platform size: 120mm x 150mm


•Vibration method : Strok, Frequency and Time
•Strok : Max ±7.5mm
•Frequency : Max 90Hz
•Offset Home positionning : +7.5mm
•Connection to robot : TCP/IP, RS232, Digital I/O 
•Power : DC24V

DWG_AIVE2.0.PDF

AIVE3.0

Recommended part size: 5~40mm
Platform size: 180mm x 230mm


•Vibration method : Strok, Frequency and Time
•Strok : Max ±7.5mm
•Frequency : Max 90Hz
•Offset Home positionning : +7.5mm
•Connection to robot : TCP/IP, RS232, Digital I/O 
•Power : DC24V

DWG_AIVE3.0.PDF

Easyer

簡単でシンプルなpatameter設定

 

ユーザーは、振動周波数、距離、時間を調整することができます。

照明制御、ホーム、オフセット機能、テストの実行モードでは、通信手段(USB、イーサネット)

 

正確な正弦波振動を作り、分散または反転のモーションを作成します。パーツごとに形状が異なるため、ユーザーはパーツごとにセットアップを変える必要があります。私たちのプログラムを通じて、ユーザーは直感的かつ柔軟に振動運動を制御できます

Tutorial AIVE easy setting program with PC

Tutorial AIVE manual mode

Convenience

AIVEの操作は、どのような状況でも実行できます。

ユーザーは、電源のみが供給されている場合、PC、PLCを使用せずに、手動ボタンを使用してAIVEを操作できます。

モーション1、2、バックライト、ホームポジションなどの制御が可能です。

直感的なボタンを介してI / Oコントロールで利用できるすべての機能を具体化しました。テストのための迅速な操作をサポートし、ビジョン設定と手動制御を可能にするように構成されています。

More various parts perfectly

青い部分は実際のロボットの作業領域です。第2世代のAIVEは、スプレッドモーションでもフロントエンドに徐々にフィードする構造で開発されました。これにより、生産スピードの向上を実現しました。

Faster

青い部分は実際のロボットの作業領域です。第2世代のAIVEは、スプレッドモーションでもフロントエンドに徐々にフィードする構造で開発されました。これにより、生産スピードの向上を実現しました。

オペレーターはホッパーに多くの部品を供給します。

これにより、一定量の部品がAIVEに供給されます。

赤い部分が製品がホッパーから来るところです。以前のバージョンのAIVEでは、パーツを中央に集めることを意図していましたが、生産速度が遅いため、これらの機能は使用されなくなりました。

Robot application

AIM company

32, Hanil-ro 23beon-gil,

Giheung-gu, Yongin-si,

Gyeonggi-do,

Republic of Korea

+82-31-548-0748

sales@aim-fa.com